ストレスを感じやすい性格

同じ環境で同じようなストレスを受けても、そのストレスの影響を受けやすい人とそうではない人っていますよね。
私はストレスを感じやすいので、あっけらかんとしている人をとてもうらやましく思います。

しかしながら、ストレスは必ずしも自覚症状があるとは限らず、自分では全くストレスを感じていないように思っていても、実際では相当な強いストレスを受けているということも少なくはないようです。
では、一体どのような人がストレスを受けやすいのでしょうか。
最もよく言われているのは、完璧主義者ではないでしょうか。
理想がとても高く、常に完璧を目指して努力するタイプの人ですね。常に満点を求めるので、うまくいかなかった場合のダメージがとても大きいです。
マイナス思考のネガティブな人もストレスをとても感じやすいですね。
悲観的に考えたり、過去のことをいつも思い出してはストレスを感じてしまいます。
几帳面で、責任感が強い人もそうでしょう。
どんなことにも、コツコツと辛抱強く努力し、責任感が強いためついつい自分ひとりで抱え込んでしまいます。
中途半端にはできないため、ストレスを感じる暇もなく、一人で頑張りすぎてしまう傾向にありますね。
また、場の空気を読んでしまう人も危険です。
自分の気持ちや意見は脇において、他人を尊重することができるので、その場は平和に収まりますが、本人は気付かないうちにストレスがたまってしまいます。
ストレスは、気が付かないと、発散できずに、疲労が蓄積してしまい、とても危険です。
性格は、変えようと思っても、そう簡単には変えられるものではありませんが、自分がストレスを感じやすい性格かどうかを知っておくということは、早めに自覚して対処するためには大変重要です。

«
»