私の友人で彼氏が自分よりも背が低い人がいた。彼女はすごくそのことを気にして
いて、買う靴はいつもノーヒールのフラットペッタンコ靴。そこまで、気にすることも
ないのになぁ、と思ったけど、それ以外に彼女の苦労はあった。

 みんなでボードをしに、雪山に行った時に写真を撮ったのだが、デコボコしている
雪山で凹んでいるくぼみに立つ彼女。そしてそこには何も気にしていなそうに立っている
彼。彼女はさりげなく、膝を折り、彼氏に寄り添っていた。そして現像した写真は見事に
彼氏と彼女の背丈が逆転していているように見えたのだった。

 そんなところで愛情を図るのはおかしいのだけど、「やっぱり愛されたい、彼氏に可愛いと言ってほしい」などの欲求は好きになればなるほど、どんどん高まっていく。
もしかしたら、彼氏だって「気にしないように振舞っている」としたら、それは彼女への
愛情かもしれない。

 そして、クリスマスの次の日。その彼女と会って、いつものようにお酒を飲んでいた。
その日の彼女は流行りのヒールが高いブーツだった。

 「うわ!私もそういうブーツほしかったんだ!どこで買ったの?」
私が身を乗り出して聞くと、急に号泣し始めた。
 「え…ごめん!どうしたの?なんかあったの?」
と、私はびっくりして気の利く言葉も出なかった。

 すると、彼女が
  「これ、昨日クリスマスプレゼントって彼がくれて…。今まで私が気にしてヒールを
  履いていなかったことに気づいていたみたいで、お互いそういうところも含めて、
  大好きになろうねって言われてさ、もう本当にうれしくて。」
とさらに泣きじゃくる彼女。

 そんな小さな彼氏と大きな彼女は、めでたく結婚した。もちろん、結婚式には高い
ヒールを履いていた彼女。その時、私にはその小さなはずの彼氏が大きな彼氏に見えた。
弱点をも好きになれる相手と結婚できるなんて最高。自分のコンプレックスを認めて
もらえる素敵な恋愛、私もしてみたい。