ありのままの自分を受け入れる

私は以前、自分に満足出来ず、周りからは「よくやってるよ」「よく頑張ってるよ」などと評価してもらえるけれど、自分では達成感がない、という辛い状況に陥ったことがありました。

それはとても苦しいもので、自分では自己評価が低いつもりはなく、完ぺき主義でもないけれど、他の人から低い評価を受けるのは怖い。
人に対しては、全くそんなことは思わないんですけどね。
今思い返せば、自己評価の基準がとても高く、自分自身に厳しすぎたのだと思います。
心がとても苦しかったのを覚えています。
ある日、「ちゃんとやらなきゃ」「もっと頑張らなきゃ」という思いが蓄積しすぎて、爆発してしまいました。
その瞬間、「どうでもいいや」と思ったのです。
勿論、仕事はきちんとやりましたが、こんな風に自分の評価を自分で下げても、意味ない事にそのとき気づけました。
そうすると、不思議と、自分の今の仕事や状況に感謝が芽生えてきました。
そのうちに、何も変わってはいないのですが、自分で自分を評価することができるようになりました。
自分は自分だし、ありのままでやってみようという気持ちに不思議となれたのです。
そんな気持ちになれたら、仕事で焦っていたことも自分に対する不信感も、なくなって、ストレスも自然と減りました。
勿論、ストレスがゼロになったり、仕事のミスがなくなるというようなことではありません。
たまには、「もっと頑張らなくちゃ」と昔の自分に戻ったようになりますが、そんなときには落ち着いて、等身大の自分自身を受け入れるように意識しています。

事務員でも明るい職場がいい
コンプライアンスを守る就業管理
三六協定のチェック機能でコンプライアンス向上に貢献する就業管理システム
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«