メールの注意点

ビジネスでもプライベートでも、メールを送らない日はありません。
社会人になったばかりの頃、メールでの失敗を沢山経験しました。
今思い出すだけでも、冷や汗が出るような失敗が沢山あります。

きっと、皆さん、経験があるのではないでしょうか。
私の失敗と言えば、社内用のメールを間違ってお客様に送信したり、BCCに入れる顧客を全部TOに入れて送信してしまったり。
笑えない大失敗ばかりです。
それから私は、絶対にこういった失敗を繰り返してはいけないと、いくつか対応策を考えました。
まず、基本中の基本ですが、メールは書き終わった後に一度読み返してから送信ボタンを押す、ということです。
急いでメールを送らなければならない場合は特にそうですが、書けたらすぐ送信ボタンを教えてしまいがちですが、そんなときはちょっと待ちましょう。
メールの本文を読み返すのは勿論、あて先には細心の注意を。
読み返すことで、誤字脱字を発見したり、言いまわしを直したり、書き忘れていたことを補足できます。
自分が伝えたいニュアンスと違っているものを相手に届けるのは危険ですよね。
そこから思わぬトラブルになったりする危険もあります。
メールを送る前にダブルチェックをすることを怠らない習慣をつけましょう。
そして、メールというツールは、受け取り側がいてこそ成り立つものです。
メールを書くときには、必ず相手のことを考えながら文章を作りましょう。
メールを書いて送るのは、確かに自分ですが、読んでくれる人の立場に立ってメールを送る事が出来れば、ビジネスでもプライベートでも大きな評価をもらえるのではないでしょうか。

同じことの繰り返しでも通勤を楽しむ
安価な就業管理システム
面倒なセットアップなしで全従業員のパソコンから利用可能。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«