確定申告のシーズン

年が明けて、「確定申告」という言葉をよく目にするようになりました。
会社員ではありますが、小額ながらも、お金を運用している私としては、やはり気になります。

自営業の友達は、毎年確定申告を行っていますが、会社員の場合は、会社が年末調整で所得税の精算をしてくれるため、確定申告は不要ですよね。
しかしながら、確定申告が本来は不要な人も、所得税控除や税額控除の要件に該当する場合は、確定申告を行ったほうが良いのです。
払いすぎた分の税金が戻ってくるのです。
具体的に、一体どれぐらい戻ってくるのかは、所得や該当する項目によっても変わってきますが、所得控除金額の合計が20万円だとするならば、年間給与所得300万で約2万円、400万で約4万円税金が還付されることになるようです。
私は、証券会社の口座を「特定口座」ではなく「一般口座」で持っているため、証券会社にお任せすることは出来ません。
また、寄付もしているので、その分も返ってきます。
ということで、今年は初めて確定申告をやってみることにしました、
前々から思っていましたが、こういう税金やお金のことって、誰も教えてくれないですよね。
学生時代から、どうして教えてくれないのでしょうか。
自治体や税務署に行けば、相談窓口は設けられていますが、確定申告前のシーズンだと、とっても混雑しています。
自分で色々と調べていて思うのは、知らない人が損をする仕組みになっているということです。
税金に対する基本的な知識は、誰も教えてくれないならば自分から率先して学んでいくしかないですね。

外回りの業務管理
変形労働対応の就業管理システム
働き方の多様性にマッチしたシステム
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«