社内での信頼関係

社会に出て、学生時代とは全く違う、沢山の人たちと関わるようになると、仕事や職場での人間関係の悩みも増えることが多いかと思います。
転職の理由として、「キャリアアップ」などのようなポジティブなものもあれば、「現在の職場内での人間関係の悩み」などネガティブなものもあります。

給与や福利厚生などの待遇面が少しぐらい良くなくても、折角入った会社を簡単に退職することは少ないと思いますが、職場の人間関係がうまくいっていないと、仕事を続けるのは難しいかもしれません。
会社にいれば、一人で仕事をするというわけではありませんから、上司や同僚など職場の人たちだけでなく、お客様とも上手く人間関係を構築しなければなりません。
当たり前ですが、社会には、年齢も考え方も性別も違う、様々な人たちがいます。
例えば、飲み会などで、会社の人の悪口が出たとしましょう。
そのときに、一緒になって悪口に便乗してしまえば、間接的に伝わってしまうかもしれませんし、自分も裏で言われることになるかもしれません。
誰かのことを否定するのではなく、肯定したいものです。
とっても難しいことではありますけどね。
信頼関係を築くには、時間がかかるので、仕事をしていく中で、焦らずに、ゆっくりと周りの人たちとの距離を縮めていきたいものです。
一年ぐらい経てば、自然と仲間意識も芽生え、お互いに認め合える存在になれるのではないでしょうか。
全ての人から良く思われようとして頑張ってしまうと、ストレスが溜まってしまいますので、仕事にまじめに誠実に取り組んで、周りの人からの評価はあまり気にしないようにしたいものです。

«
»