英会話講師として

私は、プライベートで英会話を教えていますが、長い生徒さんだと、もう5年目になります。
一生懸命勉強してくださるので、日常会話もままならなかった最初の頃からはずいぶんと英語力がついてきて、ネイティブの友人も出来たようです。

海外の大学を卒業しましたが、英会話というものを他人に教えた経験などありませんでした。
でも、英語が話せる楽しさを知ってほしいという思いから、プライベートで細々と始めました。

最初は、どんな風にすればいいのか全く分かりませんでした。
自分が英語を話せるからといって、英語の先生として優秀とは限らないからです。

私は、まずは自分の準備が大事だと気付きました。
日常会話をメインに教えていきたいと思っていたので、日常会話で使えるフレーズや単語などをノートにまとめました。

どんな質問をされても、完璧に答えられるという自信はありませんでしたが、ある程度準備をして、教え始めることにしました。

授業の内容は確かに大事ですが、授業の組み立て方や教えて行く順番もとても大事だと感じました。
緊張している生徒さんを相手に、突然英会話を始めるなんてもってのほかだからです。
まずはお互いの緊張をほぐして、簡単な単語を勉強して、実際にしゃべってみる。

準備をしていても、予想外の質問もありますし、分からないことはその場で一緒に勉強をしました。

そして、生徒さんに宿題を出す代わりに、私自身にも宿題を出して、次回はより良い授業が出来るよう努力しました。

今では、日常会話だけでなく、ビジネス英語や面接対策なども行えるようになりました。
今後も自らの勉強を怠らないようにしていきたいと痛感しています。

«
»