禁煙の波

最近は喫煙者の肩身が、どんどん狭くなってきている。
もううんと昔から続いているたばこの文化というものが、否定され撲滅されようとしているのは、これも時代の流れだと思わざるを得ない。
確かに健康にいいことなんて、何一つないのだから。
格好つけられるという一点を除いては、百害あって一利なしと言われても仕方ないような気もする。

でも、そういう動きが活発化して、国や都市などの自治体を挙げて行動するようになったのは、本当にごくごく最近のことである。
だって、つい数年前までは、駅のホームでたばこを吸えたのだから。
そのころでもまあ、ホームのうんと端の端のほうに、ぽつんと灰皿ゴミ箱が置かれているという状況だったが。

それでも、もっとさかのぼると、電車の中でたばこを吸うおっちゃんたちがいた時代もあったのだ。
私の親くらいの世代の人は、SLも知っているし、電車内の喫煙も見て知っている。
なんだかものすごい時代もあったものだと思う。

なんてことに思いを馳せたきっかけは、私が電車を待っていたときのこと。
ホームの端にくる車両が空いているので、いつも端っこまで行く。
端っこにくるのは、15両編成の電車だ。
10両編成のやつは、ホームの真ん中くらいまでしかこない、短いから。

私はいつものように15両の端っこで待っていたが、来たのは10両編成だった。
わざわざ端っこまで来て待っていたのに、急いでホームの真ん中まで引き返すのは、みすみす「私間違えました」と言っているみたいで恥ずかしい。
ああ、ここに前みたいに喫煙所があったなら、「私たばこ吸って時間潰してたんです」のふりができたのになあ、と思った、という、そんなどうでもいい話だ。

チタンピアス専門通販
セカンドピアスに最適なピアスを探しているならチタンピアス専門通販で。デザインいろいろ。
www.nadeshiko-st.com/

»