最近のプリクラ事情

私は何かのお祝い事があった時やイベントがあった時など、その思い出を残しておきたいので、プリクラを撮ることがよくあります。後で見返した時、こんなこともあったねと思い出せるのが良いです。プリクラは私が小学校高学年頃から流行してきた記憶があります。

当時のプリクラは、顔しか写らず、落書き機能などもなく、値段は300円でした。あれからもう10年以上経ちますが、プリクラの人気は今なお衰えず、当初とは比べ物にならないくらい機能が備わっています。
 最近はクリスマスの頃、プリクラを撮りました。どこのゲームセンターにも複数台設置されており、プリクラコーナーは若い女性でいつも賑わっています。また様々な機種がある中でも、特に写りが良いと評判なものには、撮影待ちの列が出来ていることもしばしばです。私は特にこだわりはないので、比較的空いている機種や、見本が可愛い機種を選びますが、最近のプリクラはどれも自動的に修正してくれる機能が備わっているので、まるで別人のように写ります。特に目立つのは、目です。パッチリとした大きな目に修正され、瞳もキラキラしています。女性の場合は可愛らしいのですが、男性の場合は、とても不自然に感じてしまいます。また、脚も細長く修正されます。全身撮影すると、モデルのようなスタイルで撮ることが出来ます。
 自動的に修正を加えてくれる機能の他にも、落書き時間には、自分で髪の色や目の色を変えたり、お化粧をしたりすることも出来ます。落書き用のペンやスタンプも種類豊富で、簡単にオシャレなプリクラにすることが出来ます。また、気に入った画像を携帯に送って、待ち受けにすることも出来ます。
 当初はこんなに長い間流行すると思わなかったプリクラですが、どんどん進化をとげ、更に人気を集めています。これからどんな機能が追加されていくのか、とても楽しみです。

«
»