後悔しない恋愛

大好きだった恋人とお別れすることになってしまったり、お付き合いに至りそうだったのに結局関係が崩れてしまったりした際に、「あの時こうしていればよかったのかも」と次々と心残りが生まれてくることがあります。

そういった後悔を引きずってしまって、ついつい前を向くのが難しくなってしまうことがあります。

例えば、順調に交際していた彼が心変わりをして、お別れすることになったとします。
「どうして彼は素直に愛情表現してくれていたのに、私は恥ずかしがって素直になれなかったのだろう」とか、そういった失敗ばかりが思い返されることでしょう。

自分の判断で、今の状況は回避できたのではないかと人は思ってしまうものです。
もしかしたら、「どうして私が素直に感情を表現できないことを分かってくれなかったの」と相手を責めてしまうこともあるかもしれません。

自分に厳しい方ならば、「私がああしていれば良かった」と自分を責めてしまいがちですが、自分を責め続けるということは自分を否定するということであり、大変悲しいことです。

できなかった自分を否定し続けるのはやめて、次はこうしよう、と未来に焦点を当てることで、気持ちは楽になるのではないでしょうか。

また、やらずに後悔するぐらいなら、やりたいことをやってから後悔しましょう。
それでもダメならば、何かダメだったのか後からきちんと反省して、それを踏まえて次の恋愛に生かすことができます。

自分自身の成長と共に、心に余裕を持って輝いた人になれば、きっと次はもっと素敵な人に出会えるはずです。

チタンピアス
セカンドピアスご購入者全員に「セカンドピアスの安心ケアシート」プレゼント中
www.nadeshiko-st.com/

»